社会福祉法人佐用福祉会いちょう園|生活介護|施設入所支援|短期入所|日中一時支援|共同生活介護|共同生活援助|障害者相談支援事業|兵庫県佐用郡

 

理 念

 

基 本 理 念

基 本 理 念
 
おもいやりのこころを大切にし、サービスの提供を行います。
 

基 本 姿 勢

基 本 姿 勢
 
 1、 常に安心、安全を最優先し、ご利用者の信頼に応えます。
 2、  地域福祉の拠点として、ニーズに応える法人となります。
 3、  佐用福祉会の発展を通じて、職員の幸せを築きます。
 

思いやりのこころ

思いやりのこころ
 
私たち人間は障害のある人、健康な人、誰もが弱点、欠点、もろさを持っています。 その人間同士が日々生活の中で時には対立し、また、共鳴して互いに支え合い分かち合って生きています。おもいやりというのは、人間として平等な立場で相手のことを深く考え、何をしてあげるのがよいのか、何をしてはいけないのかを思いやることです。
 

感謝のこころ

感謝のこころ
 
自分が感謝の念を誰かに、何かに対して持つ時、いつか、誰かから、何かから感謝されていることでしょう。「ありがとう」と言葉を発した時に人は幸せを感じるでしょう。自分はいつも周りの人から支えられているんだと、感謝の念を持つことにより、人への接し方が柔らかく丁寧になり、他人とよりよい人間関係を築いていけます。
 

1 佐用福祉会が求める人材像

1 佐用福祉会が求める人材像
 
【 おもいやり 】おもいやりの心で人を大切にできる人。
【  向 上 心  】自己を振り返り、自己啓発に努める人。
【  素 直 さ  】指示や注意を素直に聞き誠意を持って業務に取り組む人。
【  積 極 性  】「まずはやってみる」という意識を持つ人。
【  責 任 感  】責任を持って業務を最後までやりとげる人。
 

2 佐用福祉会の宣言

2 佐用福祉会の宣言
 
【安全  安心 】安全を最優先し、ご利用者が安心できるように努めます。
【個 人 情 報 】プライバシーに最大の注意をはらい、個人情報を守ります。
【言 葉 遣 い 】わかりやすい、やさしい言葉遣いで接します。
【ご利用者対応】ご利用者の訴えや悩みに耳を傾け、誠意を持って対応します。
【ご利用者視点】ご利用者の立場に立って考え、行動します。
 

3 佐用福祉会職員が守るべきルール

3 佐用福祉会職員が守るべきルール
 
【  時   間    】日課の始まり、会議の始まりなど時間厳守します。
【仕事の優先順位】仕事に優先順位を設定し、迅速にとりおこないます。
【職 場 ル ー ル】就業規則を遵守します。
【  協   力    】利用者を優先に考え、職員同士協力します。
【  報  連  相  】報告、連絡、相談は適切、迅速に行います。
 

4 佐用福祉会職員に必要とされる接遇

4 佐用福祉会職員に必要とされる接遇
 
【  笑  顔  】笑顔で気持ちのよい挨拶をします。
【身だしなみ】清潔な身だしなみを心がけます。
【  感  謝  】「ありがとう」の言葉を発してよりよい人間関係を築きます。
【 気 配 り 】気配り、心配りができるようにします。
【 健康管理 】健康管理に気をつけ、ゆとりを持ち対応します。
 

5 佐用福祉会が目指す職場風土

5 佐用福祉会が目指す職場風土
 
【   挨   拶  】オアシス(おはようございます、ありがとう、失礼します、すみません)を意識実践します。
【 傾 聴 姿 勢】相手の話を最後まで聞きます。
【 コスト意識 】省エネに心がけます。(電気の消灯、冷暖房の使用基準の遵守等)
【 整 理 整 頓】5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)を心がけます。
【チームワーク】様々な意見も素直に聞き入れ、和を大切にします。
社会福祉法人
佐用福祉会いちょう園
〒679-5301
兵庫県佐用郡佐用町佐用1506
TEL:0790-82-0003
FAX:0790-82-2877
Eメール:
 ichouen@meg.winknet.ne.jp
メールでの問い合わせはこちら
───────────────
生活介護、施設入所支援、
短期入所、日中一時支援、
グループホーム
障害者相談支援事業
───────────────
024314
<<社会福祉法人佐用福祉会いちょう園>> 〒679-5301 兵庫県佐用郡佐用町佐用1506 TEL:0790-82-0003 FAX:0790-82-2877